30代社会人の読むべき本の選び方とおすすめ

30代が読むべき本

本を読むべき、読んだ方がいいと気づいた後に、考えるのは、どの本を選ぶべきか、ということです。

筆者は、本を読まない人から、本を読む人へと、自ら変わり、目立たない一般会社員から、不動産会社を起業したまでの経験から、読書の有益性を自ら実感しています。

その経験から、特に30代社会人に読むべき本の選び方と人生を変える有益な30冊を紹介します。

目次

30代社会人の読むべき本の選び方とおすすめ

ビジネス書を選ぶ 基準は?

30代社会人が読むべき本は、仕事と人生に関するジャンルから選ぶのが良いです。時間はあるようで、有限であることに明確に気づくのは30代からでしょう。限りある時間の中で有益な本選びをしましょう。

30代社会人が読むべき本の選び方

どんなジャンルを選べばいいのかと思うかもしれませんが、ジャンルにこだわる必要はあまりないかもしれません。ビジネス書全般・自己啓発・小説・漫画など、関心あるものから選べばいいです。(ただし、読んで得られる物事の量や深さが違います)

問題は、本のジャンルより、テーマの方が大事です。一般的には、人は1日に8時間〜12時間くらい仕事をしています。

ですので、読むべき本を選ぶなら、仕事に関するテーマが1番になります。ついで、人生となります。家族・健康・お金などが選ぶべきテーマとなります。

具体的に本を選ぶ基準となるテーマ
・今困っていること・変えたいことに関するテーマ
・夢・願いに関するテーマ

一番関心があるテーマこそ、ストレスなく読めますし、頭に入りやすいからです。

また古典や名著と言われるロングセラーは年間の出版数(日本では年間に毎年7万冊以上)から考えると、奇跡的な確率で売れ続けている本です。多くのロングセラーは、出版から数10年経過しており、時代の変化を乗り越えてもなお売れ続けているものです。本選びに迷ったら、ロングセラーを買っておけば、ハズレを買ってしまった時の時間とお金のロスがなくなります。

30代社会人が読むべき重要なことは本の数

本をあまり読まない人は、自分にとって素晴らしい本一冊に出会いたいと思っている傾向があるように思います。

しかし、社会人が読むべきは、本の数です。確かに、これ一冊で十分と思える本に、たまに出会うことはありますが、本を読んで得られることで最も大きいのは、追体験・疑似体験や研究です。

特に30代社会人は、たくさんのインプットをすべき年代です。世の中には、知らないことが無限にあります。どれだけのことを知ることができたかによって、仕事がうまくいくようになり、家族・健康・お金にも関連していきます。

ですので、この本一冊というより、毎月何冊の本に出会えたかを基準にする方が、有益です。

30代で読書の意味に気づけるかはその後の人生にとても大きい

30代はその後の人生の方向を決める非常に重要な年代です。この年代に読書の意味に気づけるか、気づかずにすごして10年後20年後に、愕然とするか。それを決める年代です。(読書の意味は読書の影響に言い換えた方がわかりやすいかもしれません)

人生で勉強するのに、何歳だから遅すぎるということがないのは確かです。しかし効率良く、かつ効果が大きいのは30代という年代です。40代50代で気づいて読書の意味に気づいてから、ギアを上げ回転数を上げていく厳しさと30代からスタートするのでは負担のかかり具合が全然違います。

30代は読書すべき|目先の仕事だけしてると時間を無駄にする

社会人になって、本を読んだ方がいいということは、程度の違いこそあっても、社会人は全員気づいているはずなのです。しかし「日々の忙しさ」や「今じゃなくても」という気持ちが勝って本を読むのは後回しになります。

しかし30代は次のリーダーとして指名を受け始める年代です。兆しは、仕事の役割が変わり始めることです。次期リーダーとしての可能性を試されます。そのときに向けて、読書をしておくべきです。

人は経験から学ぶといいます。しかし現実には時間には限りがあります。この経験値不足を補ってくれるのが読書です。読書で追体験をして経験不足を補完してください。字面だけを眺める読書ではなく、追体験をして深く考えて読むのです。

目先の仕事はやらないわけには行きませんが、それだけでいっぱいになっていると、可能性を試されるチャンスが回ってきた時に、準備不足で力を示すことができません。30代という大事な時間を無駄にしないように、スキマの時間をかき集めて読書をしておくべきです。

30代の間に読むことをおすすめする本を紹介

読んでおいた良いと思われる本は後述の中で紹介致しますが、30代の内に読むことを強くおすすめする本を先に紹介します。

30代という時間を無駄にしないようにと書かれている本は他にもあります。もし未だ読んでいないのなら是非おすすめします。読了後に何を感じるのか、役に立つかどうかは、考え方次第です。

しかし、筆者が30年前にこの2冊に出会えていたら、もう少し人生が変わっていたように感じる2冊です。

30代社会人が読むべき本|人生を変える30冊

人生を変える30冊のリストを紹介します。以下に紹介する本は、最低でも読んでおくべき本です。30冊を読み終えたときに、自分の人生への考え方が変わるかも知れません。

社会人が読むべき本

社会人が読むべき本には、ビジネス書や自己啓発書、歴史書、小説などがあります。
たとえば、ビジネス書では、経営者としてのスキルや仕事術を学ぶことができます。自己啓発書では、自分自身を成長させるためのヒントやアイデアを得ることができます。歴史書では、過去の出来事から学ぶことができます。小説は、想像力を刺激し、ストレスを解消する手段としても役立ちます。このように、様々なジャンルの本を読むことで、社会人としてのスキルや知識を高めることができます。

1)嫌われる勇気 アドラーの教え|古賀史健・岸見一郎

本書『嫌われる勇気』では、アルフレッド・アドラーの哲学に基づいた自己啓発の方法が紹介されています。アドラーは、人間は社会性のある生き物であり、人間関係によって幸福感を得られると考えていました。本書では、アドラーの哲学や人生観について解説され、読者がより豊かな人生を送るためのヒントが提供されています。また、アドラーの思想を理解するための具体的なエクササイズや、実践的なアドバイスも掲載されているため、読者は実際に自分自身の人生に取り入れることができます。本書は、自己啓発に興味のある方や、人間関係の改善を目指す方におすすめの一冊です。

2)Death「死」とはなにか|シェリー・ケーガン

死とは、人生にとって避けがたい自然現象の1つであり、死に直面したときには、多くの人が混乱や恐れを感じます。しかし、死に対する様々な見解や考え方が存在します。例えば、一部の宗教では死が新しい始まりであると考えられており、死は肉体から解放されることで、魂が永遠に生き続けることができると信じられています。また、近年では、人工知能やバイオテクノロジーの発展により、死を永遠に遅延することが可能になるかもしれません。一方で、死に直面した人々が抱く感情や経験は、個人によって大きく異なることがあります。シェリー・ケーガンは、死を哲学的な観点から探求することで、我々が死について考える方法を変えることを目指しています。

3)うまくいっている人の考え方|ジェリー・ミンチントン

ジェリー・ミンチントンの著書「うまくいっている人の考え方」は、成功するための心構えについて述べた本です。本書では、成功する人々がどのような心構えで生きているかを紹介し、読者がその考え方を学び、自分自身の人生に応用することを目指しています。

本書では、成功するための多くの秘訣が紹介されています。成功する人々は、自分自身に対して積極的であること、常に目標を持っていること、そして、自分自身を信じていることが重要であるとされています。また、成功するためには、失敗を受け入れ、そこから学び、再び挑戦することが必要だとも述べられています。

さらに、本書では、成功するためには、自分自身の才能や能力にフォーカスすることが重要であるとも述べられています。成功する人々は、自分の得意なことに集中し、それを極めることで、自分自身を成長させています。

総じて、「うまくいっている人の考え方」は、成功するための重要な心構えを紹介した本であり、読者が自分自身の人生に応用することができるよう、具体的なアドバイスが多数含まれています。

4)7つの習慣|スティーブン・コヴィー

スティーブン・コヴィー氏の「7つの習慣」は、人生において成功するための重要な原則を提供し、自己啓発書の中でも最も有名なものの一つです。この本は、人間関係、目標設定、時間管理、自己啓発など、様々なトピックをカバーしています。最初の習慣は「主体的であること」ということで、自分自身の人生を自分で決定し、責任を持つことが重要だと述べられています。他の習慣には、「相乗効果を追求すること」「最初に結果を考えること」「Win-Win思考を持つこと」などがあります。この本は、人々が自分自身を改善し、成功するための実践的なヒントを提供しています。

5)人を動かす|デール・カーネギー

『人を動かす』は、デール・カーネギーによる自己啓発書で、人々の心を動かし、人間関係を改善する方法について説明しています。本書では、成功するためのコツや、人とのコミュニケーションの重要性について詳しく記載されています。さらに、多くの実例が紹介され、読者は自分自身の人生を改善するための具体的な手段を得ることができます。この本は、自己啓発書の中でも特に有名で、多くの人に愛読されています。

30代社会人が読むべき本|ビジネス本のおすすめ

30代社会人がビジネスにおいて成功するためには、様々な知識やスキルが必要です。その中でも、本を読むことは非常に重要です。ビジネス書を読むことで、成功者たちがどのような考え方をしているかを学ぶことができます。ここでは、30代社会人が読むべきおすすめのビジネス本を紹介します。

これらの本を読めば、30代社会人がビジネスにおいて成功するために必要な知識やスキルを身につけることができます。是非読んでみてください。

1)ブチ抜く力|与沢翼

この本は、自己啓発本の一つであり、成功するための秘訣を教えてくれます。本書の著者である与沢翼氏は、自らが経験したことや、多くの成功者から学んだことをもとに、成功するための重要な要素を紹介しています。 彼は、成功するために必要なのは、ブチ抜く力であると説明しています。成功するためには、簡単に諦めずに、努力し続けることが必要であり、それがブチ抜く力であるということです。また、成功するための道のりは決して平坦ではなく、困難に直面することがあるかもしれません。そのような場合にも、ブチ抜く力が必要となります。 この本は、成功を目指す人にとって非常に有益な情報を提供しています。

2)チーズはどこへ消えた?

この本『チーズはどこへ消えた?』は、変化に対する適応力の重要性について語っています。この本では、物事がうまくいかなくなったとき、多くの人が変化に適応することができず困難に直面することがあると述べています。本書は、そのような状況に陥った際に、どのようにして自分自身を再発明することができるかを示す具体的な方法を提供しています。また、本書では、変化に対する恐怖心を克服するためのプラクティカルなアドバイスを提供することで、読者がより成功するためのヒントを提供しています。さらに、本書は、物事をより良い方向に変えるための選択肢を明確にし、読者が自己啓発に役立つツールを提供しています。

3)引き寄せノート 大切な人の特別な女性になる65の質問

「引き寄せノート 大切な人の特別な女性になる65の質問」とは、自分自身を知るために作られたノートです。このノートには、あなたが自分自身に問いかけることができる65の質問が含まれています。これらの質問に答えることで、自分自身の内面を深く掘り下げ、自己理解を深めることができます。さらに、このノートを通して、あなたの魅力を引き出し、特別な女性としての魅力を高めることができます。このノートは、あなたが自分自身に投資することで、自己成長に繋がる貴重なツールとなります。

4)労働2.0やりたいことして食べていく|中田敦彦

中田敦彦氏は、自らの経験から「労働2.0」という新しい働き方を提唱しています。彼によれば、自分がやりたいことを追求しながら、生計を立てることが可能な働き方が求められているとのことです。

「労働2.0」とは、自分の価値観を大切にしながら、自分がやりたいことを仕事にすることで、より充実した生活を送ることができる働き方です。この働き方に必要なのは、自分自身の能力やスキルを高めること、そして、自分がやりたいことを見つけることです。また、中田氏は、外部のサポートを受けることも重要だと強調しています。例えば、コミュニティやコーチングなどの支援を受けることで、自分自身を成長させることができます。

つまり、労働2.0とは、自分自身を大切にしながら、自分がやりたいことを追求することで、より豊かな人生を送ることができる働き方なのです。

5)超筋トレが最強のソリューションである|久保孝史・福島モンタ・Testosterone

筋トレすることで、健康的な体を維持することができます。しかし、筋トレにはさまざまな種類があり、その中でも「超筋トレ」が注目されています。久保孝史氏、福島モンタ氏、そしてTestosterone氏によって提唱されたこのトレーニング方法は、通常の筋トレよりも過酷であると言われていますが、その効果は絶大です。筋肉量の増加はもちろんのこと、代謝の向上や心臓の健康にも効果があるとされています。最近では、プロのアスリートたちも超筋トレを取り入れているという話もあり、その人気はますます高まっています。筋トレの中でも最強とも言われる超筋トレをぜひ試してみてはいかがでしょうか。

営業の仕事に迷いがあるなら読むべき本

もし、営業の仕事に迷いがある場合、読むべき本はたくさんあります。例えば、自分自身や顧客を知り、信頼関係を築く方法を教えてくれる書籍があります。営業戦略やテクニックを学ぶ書籍もあります。また、成功した営業マンの体験談や成功例を紹介した本もあります。これらの本を読むことで、自分に合った営業スタイルを見つけることができ、より自信を持って仕事に取り組むことができるでしょう。

1)凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク

「凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク」というタイトルの本は、ビジネスの世界で成功するためのノウハウを提供しています。本書は、営業マンにとって重要なスキルの一つであるセールストークに焦点を当て、その効果的な使い方を紹介しています。本書には、セールストークに必要な要素や、まずは聞くことから始めるというアプローチ、相手のニーズを理解するためのテクニックなどが詳細に解説されています。また、成功する営業マンに必要な心構えや、自己啓発のためのアドバイスも含まれています。本書を読めば、凡人であっても最強の営業マンに変わることができるかもしれません。

2)「3つの言葉」だけで売上が伸びる質問型営業

「3つの言葉」だけで売上が伸びる質問型営業について、より詳しく解説します。この営業手法では、顧客に対して質問を投げかけることで、顧客が抱える問題や課題を探り出し、それに対して自社の商品やサービスを提供することを目的としています。この手法は、顧客のニーズに合わせて商品やサービスを提供することができるため、顧客からの信頼を得ることができ、売上を伸ばすことができます。

また、この手法は、顧客が自分自身で問題を解決することができるため、顧客の満足度も高くなります。さらに、顧客が自分自身で考えることで、購入意欲も高まります。この手法は、長期的な顧客関係を築くことにもつながるため、営業担当者にとって非常に有効な手法と言えます。

以上が、「3つの言葉」だけで売上が伸びる質問型営業の概要です。この手法を活用することで、顧客満足度の向上や売上の拡大につなげることができます。

3)営業の魔法ーこの魔法を手にしたものは必ず成功する

営業の魔法とは、商品やサービスを効果的に売り込むための技術や手法のことです。中村信仁氏は、営業の魔法として、「相手のことを知ること」「自分のことを知ってもらうこと」「お互いにとっての利益を考えること」の3つを挙げています。このように、営業においては、商品やサービスの魅力を伝えるだけでなく、顧客のニーズに合わせた提案や、顧客との信頼関係の構築が重要となります。また、営業の魔法は、単に商品やサービスを売るだけでなく、顧客の問題解決やビジネスの成長に貢献することが求められます。

4)トップセールスが使いこなす!”基本にして最高の営業術”総まとめ 営業1年目の教科書

本書は、営業1年目の方々に向けた、基本的な営業術をまとめた教科書です。営業において成功するためには、基本を身につけることが不可欠です。営業のプロであるトップセールスが使いこなす、最高の営業術を学び、自分自身のスキルアップに役立ててください。

本書では、営業に必要なスキルや知識を、実践的な視点から解説しています。例えば、どのようにしてリードを発掘し、クロージングにつなげるか、また、クレーム対応や顧客満足度の向上についても詳しく説明しています。さらに、営業の基本であるマナーやコミュニケーションの重要性についても触れています。

本書を読むことで、営業に必要なスキルや知識を身につけるだけでなく、トップセールスが使いこなす営業術のエッセンスを学ぶことができます。営業1年目の方々だけでなく、営業に興味のある方々にもおすすめの一冊です。

5)営業は準備力:トップセールスマンが大切にしている営業の基本

営業は、企業にとって非常に重要な役割を果たしています。彼らは、新しいビジネス機会を発見し、製品やサービスを顧客に紹介することで、企業の成長に貢献しています。また、営業担当者は、顧客との関係を築き、顧客のニーズを理解することができます。これにより、企業はより効果的に製品やサービスを開発し、市場に投入することができます。

この本、『営業は準備力』では、野部剛氏が自身の経験に基づいて、営業の重要性、営業担当者が持つべき能力、営業戦略の立て方などについて詳しく解説しています。営業に携わるすべての人にとって、価値ある一冊となることでしょう。

6)営業力100本ノック

北澤孝太郎の「営業力100本ノック」は、営業マンにとって貴重なツールとなっています。この本では、営業マンが日々の営業において直面するさまざまな課題を網羅しており、それぞれの課題に対する解決方法が提供されています。営業において重要なのは、顧客との信頼関係を築くことです。北澤孝太郎は、この点についても詳しく解説しており、営業マンが信頼を得るために必要なスキルやコツを紹介しています。

さらに、この本では、営業マンが自分自身を成長させるためのヒントも提供されています。例えば、自分自身の強みや弱みを知ることができるツールや、自分自身の売り込みポイントを見出すためのアイデアなどが紹介されています。営業マンは、日々の営業での成功に加えて、自己成長を目指すことも重要です。北澤孝太郎の「営業力100本ノック」は、営業マンが自分自身を成長させ、より良い営業を行うための貴重なツールとなることでしょう。

7)嫌われる勇気

『嫌われる勇気』は、アルフレッド・アドラーの哲学的アプローチに基づく自己啓発書です。この本の中で、著者は、人生において幸福を見つけるためには、自己肯定感を高めることが重要だと述べています。自己啓発書の中でも、本書は、自己啓発のための哲学的なアプローチに焦点を当てており、読者は、自己啓発を追求する上での基本的な考え方を学ぶことができます。加えて、本書は、アドラーの哲学的アプローチを理解することで、人間関係や仕事においてより幸福な人生を送ることができるようになる可能性があります。

8)マンガでやさしくわかる法人営業

この本は、法人営業に携わる人々に向けて、基本的な考え方やアプローチを「マンガ」を用いてやさしく説明しています。法人営業の世界に入門するための新しい手法が盛り込まれており、読者はビジネスにおいての自信を得ることができます。

本書は、営業に携わる人々にとって、売れるための基本的な原則を学びたいという方に特におすすめです。また、ビジネスの世界に入門するための教材としても、大変有用です。ビジネスの世界に入門したばかりの方にとって、この本は、営業に携わる上で必要な知識を習得するのに役立ちます。

9)即決営業

堀口龍介氏は、即決営業において非常に優れた実績を持ち、その手法は多くのビジネスマンから注目を集めています。彼は、長年にわたり営業に従事し、数多くの商談を経験してきました。そして、その経験を元に独自の即決営業手法を確立しました。この手法は、相手のニーズを正確に把握し、迅速かつ効果的に商談を進めることができるという特長があります。さらに、堀口氏は、即決営業におけるコミュニケーションの重要性を強く説いており、その方法についても多くの講演や著書で紹介しています。彼の即決営業手法は、今後ますます注目されることでしょう。

10)7つの習慣

「7つの習慣」とは、人間の成長や成功に重要な7つの習慣のことを指します。この書籍は、スティーブン・R・コヴィーによって1989年に出版されました。本書は、人々が自己啓発を目指し、自己を改善し、自己実現を達成するために必要な7つの習慣を紹介しています。コヴィーは、自己啓発において、成功するためには7つの習慣を身につけることが不可欠であることを説明しています。この書籍は、読者が自分自身を改善し、自己実現を達成するためのヒントやアドバイスを提供しています。また、この書籍は、個人だけでなく、ビジネスや組織においても有用な情報を提供しています。

読むべき本|頭の使い方・思考についておすすめの一冊

現代社会では、情報が氾濫し、それに対応するためには、タフな頭脳が必要とされます。そこで、この本は、頭の使い方や思考力を高めるためのヒントを提供しています。この本は、著者が長年にわたり研究を行い、実践してきた経験から得られた知識を基に書かれています。読むことで、自分自身の思考力を高めることができるだけでなく、新しい知識を習得することができます。例えば、本書では、脳の働きや、効率的な学習法、そしてストレスを軽減するための方法など、様々なテーマが取り上げられています。本書を読むことで、読者は、自分自身の知力を高めることができ、より充実した人生を送ることができるでしょう。

1)脳に任せる勉強法|池田義博

最近では、脳科学の発展によって、脳の仕組みや学習効果についての研究が進んでいます。これにより、従来の勉強法だけでなく、より効果的な勉強法の開発が進んでいます。

池田義博氏は、脳科学に基づいた「脳に任せる勉強法」を提唱しています。この勉強法は、従来の暗記やテスト対策による学習から、自己学習やアクティブラーニングに重点を置いたものです。

自己学習では、自分で問題を見つけ、解決することで、より深い理解を得ることができます。また、アクティブラーニングでは、自分で考え、議論することで、より多くの情報を吸収することができます。

2)仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方

この本では、仕事でのミスをなくすために、頭の使い方について紹介しています。仕事において、ミスは避けられないことですが、適切な頭の使い方をすることで、ミスを減らすことができます。本書では、実際の仕事場でのシチュエーションを例に挙げ、どのように頭を使って問題を解決するかを説明しています。また、仕事でのストレスを軽減する方法についても触れています。具体的には、仕事の前にリラックスする方法や、集中力を高める方法などが紹介されています。この本を読むことで、あなたも仕事でのミスを減らし、ストレスを軽減することができるようになるでしょう。

3)エッセンシャル思考 最小の時間で成果を最大にする

「エッセンシャル思考」についての書籍は、時間の価値を理解し、最小の時間で最大の成果を出す方法を提供しています。この本は、重要なこととそうでないことを区別する方法、目標を達成するための優先順位の設定、無駄なことを減らす方法などについて詳しく説明しています。また、多くの成功者がこの思考方法を実践し、その結果、彼らのビジネスや個人的な成果が向上しています。この本は、自分自身の時間を最大限に活用したい人にお勧めです。

30代読むべき本|生き方についての自己啓発

30代になると、これまでの人生経験から、自分自身の生き方について考えることが多くなってくるのではないでしょうか。そんな時に、自己啓発の本を読むと、自分自身の考え方や行動について改めて考えることができます。自己啓発の本はたくさんありますが、その中でも特におすすめの本をご紹介します。

1)生き方|稲盛和夫

稲盛和夫の「生き方」は、成功に向けた重要な考え方を提供しています。稲盛氏は、自分自身の経験を通じて、ビジネスにおいて成功するために必要な考え方、行動、そして信念を明確にしています。

彼の本は、ビジネスリーダーである人々にとって、重要な指南書となります。稲盛氏の考え方は、ビジネスリーダーにとって、成功に向けた戦略を明確にするための重要なアイデアを提供します。

「生き方」は、稲盛氏の成功に向けた長年の取り組みの集大成です。この本を読むことで、ビジネスリーダーは、自分自身の成功を実現するために必要なスキルや考え方を学ぶことができます。

2)人を動かす|デール・カーネギー

「人を動かす」は、デール・カーネギーによって書かれた、人々が自分自身を改善し、他人との関係を改善するためのヒントやテクニックを提供する自己啓発書です。この本は、その簡潔なアドバイスと、実践的な例が豊富に含まれていることで有名です。たとえば、読者は、他人が彼ら自身に興味を持つように導く方法、相手を説得する方法など、様々なスキルを学ぶことができます。また、本書は、人生における成功についての洞察を提供することでも知られています。本書は、人々が自分自身を改善するために必要なスキルを学ぶことができるだけでなく、ビジネスや他の分野で成功するために必要な洞察を提供することでも有用です。

3)原因と結果の法則|ジェームス・アレン

ジェームス・アレンは、彼の著書「原因と結果の法則」は、非常に古くに出版された本です。後年出版される多くの自己啓発書に非常大きく強い影響を与えた本です。

この本は、私たちの思考が私たちの現実を形作ることを強調しています。私たちが持つ信念は、私たちが達成することができることの範囲を決定します。私たちは自分自身に対して肯定的であるべきであり、自分自身を信じることが重要です。私たちは自分自身の成功を決定し、自分自身の人生を創造する力を持っています。この本は、私たちが自分自身を信じ、自分自身を成功に導くことができるということを示しています。

4)7つの習慣|スティーブン・コヴィー

7つの習慣は、人生を成功に導くための重要な原則を提供します。この本で、スティーブン・コヴィーは、自己啓発のために大切な7つの習慣を詳しく説明しています。この本は、人間関係や仕事の両面での成功を追求する人々に、特に役立ちます。

この本の最初の習慣は「主体性を持つこと」です。つまり、自分自身の人生を自分でコントロールし、自分自身に責任を持つことが重要だということです。自分自身に目標を設定し、それを達成するために必要な行動をとることが、主体性を持つことの重要な部分です。

2番目の習慣は「終わりを意識すること」です。これは、目標を達成するために、最初から最後まで計画を立て、目的を明確にすることが重要だということを意味します。習慣3は「最優先事項を優先すること」であり、習慣2で設定した目標に必要なステップを優先することが重要だということを示しています。

5)本は10冊同時に読め|成毛眞

本書『本は10冊同時に読め』は、成毛眞氏の著作であり、読書に関する新しいアプローチを提供しています。著者は、1冊の本を読み終わる前に次の本を読み始めることを提唱しています。これにより、複数の本を同時に読むことで、読書の効率性と理解度を高めることができます。また、本書では、著者自身がどのようにしてこの方法を実践しているか、そして読書のテクニックについての具体的なアドバイスを提供しています。この本を読むことで、あなたもより効率的に、かつ楽しみながら読書をすることができるでしょう。

6)プロフェッショナルの条件|ピーター・ドラッカー

ピーター・ドラッカーは、多くの著述家、経営学者、コンサルタントにとって、ビジネスにおける最も重要な人物の一人です。彼の業績は、現代のビジネス環境においても引き継がれ、多くの人々に影響を与え続けています。本書が自己啓発のジャンルに入るのかは疑問があると感じる方もいると思います。しかし、多くの気づきがあり、マインドアップさせられるはずです。

7)仕事は楽しいかね|デイル・ドーテン

筆者のデイル・ドーテンは、仕事が楽しいかどうかはその人自身の意識次第だと主張します。彼によると、仕事を楽しむためには、まず仕事に対するポジティブな意識を持つことが大切です。また、自分に合った仕事を見つけることも重要だと述べています。

さらに、仕事が楽しいかどうかは、その仕事に対する達成感や自己成長の度合いにも関係しています。自分がやり遂げた仕事に対して誇りを持ち、成長を実感することができれば、仕事自体が楽しいものになるでしょう。

8)さあ才能に目覚めよう|マーカス・バッキンガム

“さあ才能に目覚めよう”は、マーカス・バッキンガムが書いた本で、自己啓発のために書かれたものです。この本は、あなたが自分の才能を最大限に活かすために、どのように行動するかを教えてくれます。本の中で、マーカス・バッキンガムは、自己分析をすること、自分の才能に焦点を当てること、そして自分の強みを活かす方法を説明しています。また、本の中で、マーカス・バッキンガムは、成功するためには、自分自身を知り、自分自身に合った方法で行動することが重要であると強調しています。この本は、自分自身をより良く知り、自分の才能を最大限に活かすためのヒントを探している人にとって、非常に役立つでしょう。

9)富と成功をもたらす7つの法則|ディーパック・チョプラ

ディーパック・チョプラ氏の『富と成功をもたらす7つの法則』は、そのタイトルが示す通り、人生において成功し、豊かになるための7つの法則を紹介しています。

最初の法則は「純粋な存在」です。自分自身を知り、自己を受け入れることが、物質的、精神的な豊かさを得るための鍵となります。2つ目の法則は「与えること」です。自分自身を与えることで、自分自身を満たし、他人にも幸せをもたらすことができます。

3つ目の法則は「カルマの原則」です。自分の行動には必ず結果があります。良い行動をすることで良い結果を得ることができ、悪い行動をすることで悪い結果を得ることができます。

4つ目の法則は「最高のコミュニケーション」です。自分自身と他人、自分自身と自然のバランスをとることが重要です。5つ目の法則は「自己決定」です。自分自身の力で自分自身の人生を決めることができます。

6番目の法則は「見方を変える」です。物事を別の角度から見ることで、新しい解決策を見つけることができます。最後の法則は「目的の意識」です。自分が何をしたいのかを理解し、その目的に向かって行動することが重要です。

10)死ぬときに後悔すること25|大津秀一

「死ぬときに後悔すること25」という本は、死ぬ間際に後悔しないためにどのような選択をすべきかを考えるための良い本です。この本には、人生を充実させるためのヒントやアイデアがたくさん詰まっています。著者の大津秀一は、終末期患者の医療に携わるドクターです。本書を読むことで、自分自身が本当に望むことを見つけることができ、死ぬまで後悔しない人生を送ることができるかもしれません。

まとめ

30代社会人が読むべき本は、過去の名著やこれからも生まれ続ける本など、無限にあります。

中には、時間とお金を無駄にしてしまった、と感じる本もあります。しかし、それはそのことに気づくことができるほど、成長したということでもあります。

本のジャンルにこだわることはあまりありません。ですので、漫画の本でもたまに読むのは、プラスになると思います。ただし、ビジネス書や自己啓発本に比べると、得られることが少ないので、費用対効果が良くないです。まず、当記事で紹介した本から読み始めてみてください。時間は有限です。

関連記事一覧

読むべき本

読むべき本|社会人は年代で読む本が違う

ビジネス書おすすめ|リーダーとなる30代・50代管理職へ

30代社会人が読むべき本の選び方とおすすめ *当記事

20代に読むべき本|本を読まない社会人は社内弱者になる

50代で読むべき本5選

大学生のうちに読むべき本|読まずに社会人になると後悔

人生を変えたい20代30代社会人にすすめる本|たかが本ですが助けになる

社会人が読むべき本|本を読まない社会人は苦労してる

目次