読書で追体験をしているか|読書効果がない人は字面しか見てない

読書 追体験

読書をしているのに、残念なことに仕事や実生活に役立てられていない人って少なくありません。

そういう方の話を聞いていくと、ビジネス書や自己啓発本、あるいは小説などを読んではいるものの、字面しか読んでいないことに気付かされます。

読書を役立つものとして役立てるには、漠然と読んでいるだけでは効果がありません。

目次

読書で追体験をしているか|読書効果がない人は字面しか見てない

社会人として優秀と言われる人達が行っている読書法の一つが、追体験をして読む方法です。先人たちの思考を追体験することで、学びを得ているのです。

本を何冊読んでいたとしても、追体験をせずに字面だけを大量に読んでいても、読書から学びを得ることはできません。思考が浅く、記憶から消えるのも早いです。

人が自分の実体験からしか学びを得られないのだとすれば人生は短すぎ

よく言われることですが、人は経験から多くを学ぶとされています。しかし少し考えれば分かる通り、経験からの学びだけが人を経験させると考えると、人生はあまりに短いということになってしまいます。

自分自身の経験だけで生きて、さらに成長することを考えると、限られた時間の中では、かなり厳しいと分かります。先人が自分の体験で上手くできたことや失敗したことを記録しておいてくれたとすれば、あとに生まれたものがその記録を参照しつつ次のステップに進んでいけます。

その記録が書籍です。私達は、自分自身の体験でなくとも先人の経験を疑似体験することで、追体験することができます。本の中に書かれている著者の主張や経験を、考えながら読んでいくことで追体験できるのです。字面を追うだけの本の読み方では、追体験の感覚は得られません。

追体験と疑似体験

読書に関連して、追体験と疑似体験という言葉が登場します。

その違いについて確認しておきましょう。追体験とは、他人の経験を自分の体験のように感じることです。本の中に登場する人物のストーリーや考え方、あるいは著者の主張や考え方など、自分も体験しているような感覚に感じることです。

この感覚が発展すると、営業の場合で言えば、顧客ニーズや考えに集中して、顧客の要望していることが見えてくる感覚になることができます。そのレベルへ到達できる営業は、顧客の気持ちがわかる営業として業績を伸ばすことができます。

疑似体験は、追体験に言葉は似てはいますが、意味は少し違います。疑似体験は、実際には起きていないことを体験することです。これまでに起きていないし、これからも起きないだろうということの体験です。

ですので、疑似体験にはリアリティはあまり感じません。追体験の方は、まるで自分の体験のように感じてしまうので、リアリティを感じてしまいます。共感や感動につながっていきます。

ただ疑似体験であっても、深く思考をすることで、学びが得られます。

読書効果と追体験

読書の効果にはたくさんありますが、追体験をすることで、読書効果はとても大きくなります。

確かに実体験とは違う体験です。しかし人間の潜在意識は、自分と他人を認識しないと言われます。

読書をして追体験をし深く思考することで、本を読んで学んだことなのに、そもそも自分の考えであるかのように認識することはよくあることです。

ですので、小説にしてもビジネス書にしても、良書に出会ったら、追体験や疑似体験を意識するように、深く思考しながら本を読むことで、理解が深くなりますし、読書効果はより大きくなります。

毎月何冊もの本を読んでいるのに、学びが得られない人・仕事や生活に役立たせることができない人は、字面だけを読んでいるのです。あるいは読書量を増やすことだけに意識をおいているのかもしれません。

もちろん読書量は多いほうが良いですが、字面だけ読む方法では、学びは得られません。その読み方では、本から学びを得るという読書効果は得られない可能性があります。

ただ本の内容を理解せずに、脳トレとして高速に音読する方法(=素読)はあります。脳を活性化する方法として有効です。脳を活性化し、脳の回転を速くしたり集中力を高めるトレーニングとして有益です。

読書で追体験をし深く思考する|たくさんの経験値を得る最高の読書効果

読書をすることで追体験をすることはおすすめの本の読み方ですが、一つ注意が必要なのは、先人の経験や知恵はたくさん知ることで、高い読書効果が得られるということです。

つまり1冊の本や一人の著者に偏ってしまうのではなく、様々なジャンルの本やたくさんの著者の本に触れてこそ、効果があるものです。

偏りの中には、不十分であったり、間違いが含まれている場合もあります。1冊の本や一人の著者だけを盲信するような読み方はリスクがあります。

古い本から新しい本まで、追体験をするようにして深く思考しながら、読書をすることで経験値は高まります。本を読んで学べる人とそうでない人との違いがここにあります。

まとめ

読書をしているのに、学びを得られていない人は案外多いです。

そういう方は、読書が趣味といいます。しかし一方で、読書することで仕事や人生を好転させている人もいます。学びが得られるような本の読み方ができるようになると、趣味ではなくなるのかもしれません。

それを分けるのは、読書で追体験をするかどうかにあります。

関連記事一覧

読書で得られる効果とは*当記事

読書効果は研究からも明らか!大人になるほど差がつく!

読書が効果ないと思ってる人は効果がある事実を知らない

読書効果は小説にもある|娯楽だからと馬鹿にできません

読書の効果は子どもから|読書量が大事

毎日本を読むと脳に良い効果が大きくなる理由

朝読書の効果が高いのは理にかなった理由があるから

読書効果が高い本のジャンルは何?求める目的によって違う

読書で追体験をしているか|読書効果がない人は字面しか見てない*当記事

読書 追体験

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次