本を読まない人と読んでいる人は話せばわかるし書く文章でもわかる

本を読まない人,本を読んでいる人,わかる

結論を言えば、本を読まない人と読んでいる人の違いは明確にわかります。

話す言葉でも、書く文章でもわかります。

本読む事は単純に知識が増えるだけではないです。単なる趣味でもないです。

本を読まない人は、社会人になった時にとても困ったことになります。職場の人間関係の悩みや仕事の成果が出ないことの悩みの原因は、読解力不足や文章力不足にある可能性は大きいです。

目次

本を読まない人と読んでいる人は話せばわかる

本を読まない人は、本を読んでいる人との差を過小評価している傾向があります。

本を読まない人は、本を読むことを趣味の一つとしてしか見ていません。知識が増えるぐらいのことと軽視しています。しかし本を読んで得られることは、とくに社会人になってから〇〇力と言われる基本的な能力になるものです。

例えば、読解力・語彙力・文章力・要約力という基本的な能力です。です。もちろん、本を読む以外でもトレーニングをすれば身につけることはできますが、トレーニングの項目には本を読むことはつきものです。

本を読まないことが人間関係や仕事の悩みの原因になっている可能性

本を読まないままで生きていくということは、読解力・語彙力・文章力・要約力という能力が不足したままで社会人として生きていくことになります。正直なところ、仕事を続けることが難しい状況が予想されます。

人間関係や仕事に疲れているという悩みの何割かは、ここにあります。

嫌な上司や先輩がいるとか、仕事の成果が出ない・仕事のミスを繰り返してしまう、などはもしかすると読解力不足で、上司や先輩が話してくれたことを理解していないからじゃないでしょうか。仕事がうまくいかないのは、顧客や取引先に対しての文章力不足に問題がある方ではないでしょうか。

つまり、読解力・語彙力・文章力・要約力がないままの社会人でいるために、うまく行かずに悩みになっているのではないかと見えるのです。本を読まないで社会人になってしまったことに原因がある可能性があります。

本を読まない人なのか読んでいる人なのかは当然わかること

本を読まない人は、「本を読むとなにかいいことがあるのか」「読む人か読まない人なのか話しただけでわかるのか」と考えている傾向があります。

結論から言えば、本を読んでいる人が相手なら、話して数分後にはバレています。

例えば、スポーツや芸術とも同じです。社会人ならゴルフを覚える人も多いです。あるいは楽器の演奏を覚えるでも良いです。100前後の平均的アマチュアゴルファーというレベルであっても、ゴルフを初めて数ヶ月という人が相手ならラウンドするとすぐにわかります。

本を読むことは、「読み書き話す」に直結することです。本を読む人が全員「読み書き話す」がうまくできるわけではありません。ゴルフも同じように、ゴルフを何年やっても120〜130のゾーンから抜け出せない人はいます。

ゴルフを初めて1〜2回で1ラウンド100を切れる人は、天才的と言われます。読書も同じです。ほとんど本を読まない状態の人が、いい文章を書いたり、きちんと話ができるということは、殆どないことです。いい文章とは、相手にとってわかり易い文章を書けるということです。

本を読まない人はバカになることはないがボキャブラリーはない

ネット上には、きつい表現をしている事例があります。

実際には本を読まないからといってバカという事はありません。ただ、知識量・ボキャブラリー(語彙)が少ない印象はあります。ただし、前述の事例と同じように、本を読んでいる人がイコール、ボキャブラリーが豊富な人と言い切れませんし、本を読んでいる人でも愚かな人はいます。

でも逆のパターンはありません。つまりボキャブラリー(語彙)が豊富な人に本を読まない人はいないです。知識量が豊富な人にも、本を読まない人はいないです。

語彙と知識量は、読書量に比例します。覚えているかの記憶力の問題はありますが、インプット(読書)されていない情報を持っている事はあり得ないことですから、本を読まない人が、知識量と語彙数が少ないのは当然のこととなります。

本を読まない人と読んでいる人の違いは書く文章でもわかる

社会人になっても20代の数年間は、学生時代の気持ちのままの人がいます。そういう人たちは、「読書する暇があったら他のことをする」と言っていた人たちです。

社会人では通用しません。落ちこぼれます。しかし、痛々しいのは当人だけ気づいていない場合です。読解力不足や語彙力不足が、話し方や書く文章に現れます。

これらの人たちは、話すとすぐにわかりますし、文章を書いてもらうとさらにわかるのです。もしかすると、文章を書けない可能性もあります。

特徴的なのは、実に個性的な言葉遣いをしたがることです。また、気に入るといつも同じ言葉を使いたがります。原因は語彙力がないことにあります。つまり、他に言葉を知らないからなのです。

まとめ

本を読まない人か読んでいる人かは、話してもわかりますし、何かの書類を書いてもらうとすぐにわかります。基本的な能力不足のままでは、仕事の成果も上がりません。当然評価も上がりません。

もしかすると、人間関係にすら影響が出る可能性があります。読解力とは、一般的には、文字を読んで理解する能力です。社会人の場合では、相手が文字や言葉で伝えてきたこと=相手が何を言いたいのかを理解することができないと、とても困ったことになります。

つまり相手が何を言わんとしているのか理解できない状態だからです。相手とは、顧客や取引先、そして上司や同僚です。遅すぎる事はないので、今からでも読書をして能力アップをした方が良いです。

関連記事一覧

本を読む人 読書量が多い人の特徴と違い

本を読む人は頭がいい!読書で頭が良くなるのは本当なのか?

本を読む人は顔つきが|読書家の人の特徴は

本を読む人と読まない人の具体的な違いはかなり大きい

本をたくさん読む人は何冊以上読んでるのか?

本を読むのが遅い人の特徴は2つ|速くなるコツ

本を読まない人の割合は|その理由と特徴

本を読まない人が浅いは間違い|本を読む人にも浅い人はいる

本を読む人は孤独|成功する人ほど孤独ともいう

本を読む人の印象と読まない人の印象

本を読む人は何を読むのか?自分はどんな本を読めばいいか

ビジネス書ばかり読む人|読むだけじゃ意味がない

本を読む人の割合|複数の調査結果から読み取る

知的好奇心とは?本を読む人は知的好奇心が強い

本を読まない人と読んでいる人は話せばわかるし書く文章でもわかる*当記事

本を読む人が小説を読む理由|趣味にとどまらない

本を読まない人,本を読んでいる人,わかる

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる