本を読むことのまとめ

本を読む まとめ

本を読むことのメリットはとても大きい。本を続けることで人は変わっていきます。

本を読まない人が本を読む人に変わることで、周りからの見方が変わり、接し方や評価が変わっていきます。 しかし、一方では本を読めないという障害を持つ人もいます。

人生の中で、障害を持ちながら、また乗り越えて、本を読めない人が読めるようになり、その後には本を書く人になった人もまた数え切れないほどいます。 当記事では、これらの知識情報について、まとめています。詳細は各ページのリンクからご覧ください。  

目次

本を読むこと

本を読むことで、人は気づいたり、変わったりしていけます。 そして、自分自身で気づくには、比較的時間がかかりますが、周辺にいる他人は早い段階でその変化に気づき、見え方が変わり、評価が変わっていきます。

世の中には、様々な情報が混在しています。無料のものもあれば、有料で高額なものまで多岐にわたります。しかし、自分で気になる本を選んで、いろいろな本を読むことは、投資の額としては、非常に小さく、そのリターンの額は、とても大きいものです。

人生の後半期になると、本を読まない人との差が大きくつきます。そのためには、「いつから効果が」「いつまで続ければ」などという意識を持たずに、本を読むことです。本を読んで得た知識情報考え方は、得るだけではなく、話したり、書いたり、行動に生かしたり、していくことを繰り返していくと、30代・40代・50代・60代になったときに、本を読んできたことに感謝するでしょう。  

本を読むメリット

本を読むことには、メリットしかありません。デメリットやリスクはほとんどありません。 使うのは、多少のお金と時間と本を置くスペースです。電子書籍ならば、本を置くスペースすらなくなります。

タブレットやスマホの中かクラウドが保存場所になるからです。 当記事では、数あるメリットの中から、筆者の数10年の経験の中から、本を読むことのメリットをピックアップして紹介しています。ですので、感じる分量は人によって違いがあるかもしれません。 人生は70年か80年です。生まれた環境や親の影響があるのは10代までです。その後を選んで決めていくのは、自分の責任だけです。本をたくさん読んで行動に役立てれば、間違いなく成長し進化していけます。

 

本を読むと眠くなる理由と解決方法|どうすればいい

本を読むと眠くなることって、あります。読書が苦手な人にだけ起こるものではありません。

関心が薄い本など読んでも眠くなるかもしれませんが、そうではなく、糖質が不足していたり、飲酒の習慣や寝る前の食事に原因があって、眠くなる場合もあります。

そういう場合は、飲酒習慣を変えることや糖質とビタミンBの摂取、あるいは20分仮眠することで解決できますよ。

本を読むといいことはあるのか?大きな違いがあります

本を読むと変わることがあります。

本を読むと使う言葉が変わるようになります。

次に心の感じが変わり、考え方も変わります。

次に、行動が変わり、自分の変化に気づき始めます。

行動の次には習慣が変わります。

習慣が変わると人格も変わり、運命や人生が変わっていく可能性が高くなっていきます。

大人になってから、どれだけの本を読んだかで、その先の未来が決まります。学歴よりも遥かに強い力があります。俗に言ういい大学を卒業しても、社会人になって読書をしなければ、その先の未来は落ちこぼれる可能性が大です。

本を読むことの大切さ

子供の頃には、みんな「本を読むのはいいこと・大切なこと」と教わったはずです。

しかし何故いいことなのか・何故大切なのかは教わっていなかったではないでしょうか。小学校は皆よく本を読んでいます。中学あたりから段々読まなくなり、高校になるとほとんど読まない状態になってしまいます。

大学になると、人生での勉強の時間は終わったかのように、読書をやめてしまう人が多いです。しかし、実際には、これからが読書で学んだことを役立てる年代です。

本を読んで得られるもの

本を読んで得られるものがよくわからずに、本を読む暇があるなら自分は他のことをする、という人もいます。

読書を趣味としてしか見ていない人の声です。

仕方がない事ですが、学生中に勉強する時間より、社会人になってから勉強する時間の方が遥かに長いです。

社会人にとっての読書は、趣味の人もいますが、基本的には、勉強だと思って本を読む人だけが、昇進昇給のチャンスがあるからです。

なぜ本を読むのか

読書をしている人にとっては「何を今さら」ですが、読書をしない人にとっては「本を読む理由がわからない」のです。だから本を読まないのです。

本を読まない人にとって、読書をすることは「勉強すること」にイメージがつながり、勉強するのは苦手だし、好きじゃないから、読まないと連鎖してしまいます。ある意味、昔からの学校教育の偏りなのかもしれません。

本を読むべき理由は、3つです。

知識情報を得ること、考える事の練習ができること、脳を鍛えることができる事です。しかし一般的な認識は、知識情報を得る事だけです。考えることを意識して読むこと、脳を鍛えることを意識して読むことで、読書は全く変わるはずです。

本を読んで知識を増やす|仕事が楽になる

本を読むことは、思考力がレベルアップし、脳を鍛えることにもなります。しかし一番は、知識や情報を得ることです。特に仕事に関しては、知識を持って仕事をするのか、知識を持たずに仕事をするのかでは、全く違います。

本を読むことで知識を増やすことは、いわば仕事の成功というゴールに向けてのロードマップが増えていくようなものです。知識が増えることで、ロードマップが徐々に具体的に明確になっていくのです。走る先の方が徐々にハッキリとして見えてくるように感じながら、ゴールへ向かっていきます。

一方で、知識を増やさずにゴールに向かうには、「とりあえずやってみる」方法で進むしかありません。ロードマップがないのですから、もしかした真逆の方向へ向かっていても気づくことができずに走るしかありません。時間がかかってもゴールに到達できれば良いです。しかしその可能性は限りなく小さいものです。

本を読む人の方が、仕事がうまくいくのは、当たり前のことなのです。当然、高評価や出世もごく自然なことになります。

本を早く読む

本を速く読む方法として知られるのは、速読という方法があります。ほとんどの速読法は、セミナー等で有料で教えてもらえる読む技術です。当記事で紹介するのは、無料でできる方法です。

誰かに教わるまでもなく、少し工夫すれば、本は早く読める様になります。また様々な速読法がありますが、いくつかの大学の研究(読書速度と脳への定着率)では、あまりに早くなりすぎると、本の内容が脳に定着しなくなることが判明しています。

ですので、脳の理解度がついてくる範囲内で、早く読むことを練習すると良いです。

小説を読むメリット

ビジネスマンにありがちですが、小説を読むのはただの趣味でしかない、という考え方があります。しかし、この様に話すビジネスマンには、コミュニケーション力や相手への想像力が不足している傾向があります。

小説を読むことはただの娯楽ではありません。登場人物へ感情移入をして、疑似体験をするように、コミュニケーション力が磨かれ、人物に対する想像力が磨かれていきます。これらの能力は、社会人として働く上で、どの部署に配属されようと必要な能力です。

そのためには、小説を読むときに単純にストーリーを楽しむだけの読み方ではなく、考えながら読むことです。

本を読む理由は何か|学生と社会人は違う

本を読む理由は人によっては、ほとんど意味をなしません。好きだから読むだけ、それ以上に理由は必要なのか、と思う人がいる一方で、本を読むことを苦手としている人がいます。

彼らには本を読むべき理由が必要なのです。なぜ本を読むのだろうということです。詳細ページでは、日本財団が行った調査や文化庁の世論調査から想定される理由を見つけています。

本を読むことを楽しめている人は、この記事は読む必要がないのかもしれません。

本を読むことに理由が欲しいと思っている人は、例えばこう考える方法もあります。それは、料理が上手くなりたいと思う人は料理のレシピや作り方の本を読むはずです。また家庭菜園を始めたい人は家庭菜園の始め方について書かれた本を読むはずです。本を読むことをそういう延長線上に考えるのです。

何かを覚えたい、何かを知りたい、仕事で成果を出せるようになりたい、出世したい、稼げるようになりたい、などと考え、それを実現させるためのガイドブックとして本を読むのです。

まとめ

本を読むことに関して、記事をまとめて紹介しています。

本を読むことは、単純に知識や情報を知ること以外にも、大事な要素があります。本の内容が全く楽しめないとしても、内容が理解できないとしても、本を読むことで脳が活性化することもわかっています。

また、考えながら読むことで、思考力が高くなります。つまり、頭が良くなるということです。ただし考えることをせずに、ストーリーを楽しむだけの読み方では、頭が良くなるということは期待できません。それは、体のトレーニングで言えば、散歩かウォーキングをしているレベルだからです。

健康維持には、散歩もウォーキングも有効ですが、体を鍛えることにはなりません。ジョギングやランニングをしないと鍛えられません。それが、なぜそうなのかと考えながら読むことなのです。

 

 

関連記事一覧

  1. 本を読む
  2. 本を読むことのまとめ*当記事
  3. 本を読まない人は昇進しても知らないことばかりで辛い
  4. 本を読む人の特徴と読まない人の違い|苦手でも読書できる方法がある
  5. 本を読むメリットはどんな効果があるのか
  6. 本を読むと眠くなるのはなぜ?理由と対策|脳の病気
  7. 本を読むといいことはあるのか?大きな違いがあります
  8. 本を読むことの大切さに気づくとき青ざめて恥ずかしい思いに
  9. 本を読むことで得るものは仕事と人生に大きく影響
  10. なぜ本を読むのか|なぜ本を読むといいのか
  11. 本を読むことで知識を増やすことは仕事の役に立つ
  12. 本を早く読む方法は無料でできる4つの方法
  13. 小説を読むメリットを知っていますか?ビジネス書にはないメリット
  14. 本を読む理由は人によって違う
本を読む まとめ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次