本を読むことのまとめ

本を読む

本を読むことのメリットはとても大きい。本を続けることで人は変わっていきます。

本を読まない人が本を読む人に変わることで、周りからの見方が変わり、接し方や評価が変わっていきます。 しかし、一方では本を読めないという障害を持つ人もいます。

人生の中で、障害を持ちながら、また乗り越えて、本を読めない人が読めるようになり、その後には本を書く人になった人もまた数え切れないほどいます。 当記事では、これらの知識情報について、まとめています。詳細は各ページのリンクからご覧ください。  

目次

本を読むことのまとめ

本を読むことで、人は気づいたり、変わったりしていけます。 そして、自分自身で気づくには、比較的時間がかかりますが、周辺にいる他人は早い段階でその変化に気づき、見え方が変わり、評価が変わっていきます。

世の中には、様々な情報が混在しています。無料のものもあれば、有料で高額なものまで多岐にわたります。しかし、自分で気になる本を選んで、いろいろな本を読むことは、投資の額としては、非常に小さく、そのリターンの額は、とても大きいものです。

人生の後半期になると、本を読まない人との差が大きくつきます。そのためには、「いつから効果が」「いつまで続ければ」などという意識を持たずに、本を読むことです。本を読んで得た知識情報考え方は、得るだけではなく、話したり、書いたり、行動に生かしたり、していくことを繰り返していくと、30代・40代・50代・60代になったときに、本を読んできたことに感謝するでしょう。  

本を読む13のメリット

本を読むことには、メリットしかありません。デメリットやリスクはほとんどありません。 使うのは、多少のお金と時間と本を置くスペースです。電子書籍ならば、本を置くスペースすらなくなります。

タブレットやスマホの中かクラウドが保存場所になるからです。 当記事では、数あるメリットの中から、筆者の数10年の経験の中から、13のメリットをピックアップして紹介しています。ですので、感じる分量は人によって違いがあるかもしれません。 人生は70年か80年です。生まれた環境や親の影響があるのは10代までです。その後を選んで決めていくのは、自分の責任だけです。本をたくさん読んで行動に役立てれば、間違いなく成長し進化していけます。

   

本を読むと眠くなる理由と解決方法|どうすればいい

本を読むと眠くなることって、あります。読書が苦手な人にだけ起こるものではありません。

関心が薄い本など読んでも眠くなるかもしれませんが、そうではなく、糖質が不足していたり、飲酒の習慣や寝る前の食事に原因があって、眠くなる場合もあります。

そういう場合は、飲酒習慣を変えることや糖質とビタミンBの摂取、あるいは20分仮眠することで解決できますよ。

本を読むといいことはあるのか?大きな違いがあります

本を読むと変わることがあります。

本を読むと使う言葉が変わるようになります。

次に心の感じが変わり、考え方も変わります。

次に、行動が変わり、自分の変化に気づき始めます。

行動の次には習慣が変わります。

習慣が変わると人格も変わり、運命や人生が変わっていく可能性が高くなっていきます。

大人になってから、どれだけの本を読んだかで、その先の未来が決まります。学歴よりも遥かに強い力があります。俗に言ういい大学を卒業しても、社会人になって読書をしなければ、その先の未来は落ちこぼれる可能性が大です。

本を読むことの大切さ

子供の頃には、みんな「本を読むのはいいこと・大切なこと」と教わったはずです。

しかし何故いいことなのか・何故大切なのかは教わっていなかったではないでしょうか。小学校は皆よく本を読んでいます。中学あたりから段々読まなくなり、高校になるとほとんど読まない状態になってしまいます。

大学になると、人生での勉強の時間は終わったかのように、読書をやめてしまう人が多いです。しかし、実際には、これからが読書で学んだことを役立てる年代です。

本を読んで得られるもの

本を読んで得られるものがよくわからずに、本を読む暇があるなら自分は他のことをする、という人もいます。

読書を趣味としてしか見ていない人の声です。

仕方がない事ですが、学生中に勉強する時間より、社会人になってから勉強する時間の方が遥かに長いです。

社会人にとっての読書は、趣味の人もいますが、基本的には、勉強だと思って本を読む人だけが、昇進昇給のチャンスがあるからです。

読書率の低下

日本人の読書率の低下は、実は随分と前から低下しています。アメリやヨーロッパ諸国と比べても10ポイント以上日本の方が低いのです。

しかし、考えようによっては、ある意味、ライバルが少ないとも言える状況にあります。

読書率が低いのは、学生に限りません。むしろ、チャンスと考えてもいいと思います。。

関連記事一覧

本を読むことのまとめ*当記事

本を読むと眠くなる理由と解決方法|どうすればいい

本を読むといいことはあるのか?大きな違いがあります

本を読むメリットはどんな効果があるのか

本を読むことの大切さに気づくとき青ざめて恥ずかしい思いに

本を読むことで得るものは仕事と人生に大きく影響

読書率の低下は読書する人にはチャンス

本が読めない人が増えてる|頭に入らないのは別の原因かも

読書スピードの平均|遅い理由と速くする対策

iPadで本を読む|見える世界が変わる

なぜ本を読むのか|なぜ本を読むといいのか

本を読むことで知識を増やすことは仕事の役に立つ

本を早く読む方法は無料でできる4つの方法

小説を読むメリットを知っていますか?ビジネス書にはないメリット

本を読むのが苦手な人の原因と2つの対策・読書術

本を読む

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる