高校生へおすすめする本|勉強時間を削っても本を読むべき

高校生 おすすめ 本

高校生になると中学生の頃よりも読書する人が減ってしまいます。

どれだけの種類の本を、どのくらいの頻度で読んだのか、高校生のあなたの人生に強く影響してきます。

本を読むことには意味がないと思いこんで、読まなくなってしまう人がいます。何故かそのような誤解をしてしまう人がいます。学校の勉強は広く浅く勉強しますので、人によっては社会人になってから使わない知識情報を勉強させられていると思う人もいるのかもしれません。

しかし読書に関しては、マンガ以外の活字の本を読んでいる限り、無駄になることはほとんどありません。むしろ学力アップのためには国語力アップが最優先であり、国語力(読解力・語彙力・文章力など)アップには最適な方法が読書なのです。

本を読む経験が少ない人は、読解力が不足傾向にあります。読解力が不足していると、相手が話す言葉や相手が書いた文章から相手の気持を察することができなくなります。また試験問題が何を質問しているのかも誤解したり理解できなくなってしまいます。

目次

高校生へおすすめする本|勉強時間を削っても本を読むべき

勉強時間と読書時間といえば、高校生は勉強時間を優先するのかもしれません。しかし自分の時間を勉強時間にだけ向けるよりも、毎日1時間でも30分でも良いので勉強を時間を削ってでも読書時間を持つべきです。

勉強に必要な読解力や、社会に出てから上司や顧客が話すことやメールなどの文章に対する読解力は、読書によって脳が活性化することでこそ得られるからです。試験勉強だけに時間をとった結果、期待する学力の伸びがなくて悩んでいる人はいないでしょうか。原因には読解力不足によって、試験問題を正確に理解していない可能性・誤解している可能性があります。

ケアレスミスによって分かっていたはずの答えを間違えた経験はありませんか。つまり読解力不足による誤解や勘違いが不正解の原因です。活字を読んで理解することに熟練していないからです。

そして集中力を高めるには、読書の前に30分程度の運動をすると更に効果的です。適度な運動の後の30分から3時間ほどの間、特に集中力が高まります。ですので読書や勉強に集中出来ない時には、運動をしてみると良い効果が得られやすいです。運動の後にドーパミンの分泌量が上がるからです。

また知識や情報得るには、ビジネス書や専門的な本が良いですが、読解力などの国語力(考える能力・読解力・語彙力など)を高めるには、物語が良いです。フィクションでもノンフィクションで良いです。

社会人になってからも読解力などの国語力は、仕事をする上で、より重要なものになります。しかし高校生にも、いずれの教科であっても課題文を読んで正しく理解できる能力は、最も基礎となる重要な能力です。

ですので、高校生おすすめする本は、読解力を磨くためのジャンルやテーマが向いています。

高校生におすすめの本|恋愛小説でもOK

恋愛小説なんか読んでも勉強にならないと思う人がいるかも知れませんが、読解力を高めるということは、相手の心を想像することでもあります。言葉にしていない声を知ることは人間関係に強く影響しますし、社会人になってからの仕事で必須になります。恋愛小説ばかりを読んでいるのでは、偏ってしまいますが、適度に読むことをおすすめします。

君の膵臓をたべたい

有名な作品なので読んでいる人は多いと思います。タイトルで先入観を持ってスルーしていた人は、ぜひ一読してみてください。ぜひ考えながら読んでみると良いです。

世界の中心で、愛をさけぶ

こちらも高校生が主人公の恋愛小説。とても有名なベストセラーです。まだ読んでいない方は、ぜひ一読をお勧めします。愛する人を亡くする気持ちを感じることができるかもしれません。

今、会いにゆきます

妻に先立たれた主人公と息子の生活が1年たったころ、なくなったはずの妻(?)が現れます。しかし以前の記憶がないところから物語が進んでいきます。涙なくしては見られない。

高校生におすすめの本|きっと感動する

感動する物語は恋愛小説のカテゴリとも重なりますが、人間としての愛や感動を感じられる本を紹介します。

ツナグ

死んでしまった誰かと一晩だけ会えるというファンタジーのようなストーリーですが、感動したい考えるならおすすめの一冊です。恋愛や友情、それに家族の愛に、泣いてしまうかもしれません。

夏の庭ーThe Friends

小学生と一人暮らしの老人の物語です。小学生が老人の世話をしながら観察をし始めます。そして観察のはずだったのに、小学生と老人の関係性は変わっていきます。そして老人はなくなる時が来ます。

星やどりの声

ある家族の物語です。どこの家族にも起こることです。家族の一人がなくなったら、自分はどう生きるのか、考えてみると良いです。残された家族はそれぞれの思いを抱えて生きていきます。自分にも起こることですので、考えながら読むと良いです。

高校生におすすめの本|人生が変わるかも

ある本との出会いが自分の人生を変えることがあります。高校生は人生が始まってから、それほどの時間は経過していませんが、すでに色々な思いや考えを持っているはずです。本は読んだ人に疑似体験や追体験をさせます。疑似体験であっても、それが経験値となり、人生が変わっていく可能性があります。

嫌われる勇気

内容は実は哲学や心理学に関することです。少し難しいと感じる部分があるかもしれませんが、誰にでも起こる人間関係について書かれています。ただ人によってはかなり厳しいと感じる内容でもあります。人によっては人生が変わるきっかけになったという方もいます。そういう考え方もあるのだなというスタンスで読むと良いと思います。

君たちはどう生きるのか

マンガにもなっているので、すでに読んでいる人も多いかもしれません。最初の出版は80年も前になります。しかし表現されている人生のテーマは今と変わりません。そんな事は知ってるよ、と言いたくなる場面も多いかもしれません。しかし知っていてもうまく出来ていない自分にも気がつくはずはずです。

世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方

人が人生の最後の場面で何を思うのか。最後の場面に立ち会うお医者さんによれば、最も多くの方に共通しているのは、「もと色々やればよかった」という後悔なのだそうです。大学卒業が間近になってもまだ将来の自分について想像できていない人もいます。高校生のうちにやりたいことが見つけられると人生は変わるのかもしれません。早いうちに決めたとしても、途中で間違いに気づいたら方向修正をすれば良いのです。

最もマズイのは、失敗を恐れるがゆえに、何も決められず時間だけが過ぎ去ることです。

高校生におすすめする本|名作

カテゴリー分けしにくいが人気のある本、よく読まれている本に注目し、名作のカテゴリーとしました。高校生のうちに呼んでおくと良いと思います。

夜のピクニック

第2回本屋大賞を受賞した作品としても知られています。ほぼタイトル通りの内容で、高校生が夜通しで80キロを歩くというイベントの中で、起きてくる高校生の人間関係が描かれています。歩行祭は、著者の母校で行われている「歩く会」がモデルになっているようです。

夜中に80キロを歩くという特別な非日常。大事件が起こるわけではありませんが、非日常の中で人間関係が繰り広げられていきます。

上京物語 僕の人生を変えた父の5つの教え

父から息子へのエール。新幹線に乗って東京へ向かう途中で父から渡された本を読みます。父が息子に小説の形を借りて、教えを書き綴っていたのです。そして文中にも出てきますが、これから未来が始まる若者に向けて書かれているのです。

まとめ

当記事を読んでいるあなたはきっと高校生なのだと思います。どんな本を読んだらいいかなと思って、ネット検索をしているうちに、当記事へと到着したのでしょう。

当記事では、高校生の方におすすめする本を、いくつかの切り口で紹介しています。

高校生の方々は、学校を終えて自宅に戻れば、一休みした後は受験勉強や試験勉強のための時間を過ごしていることと思います。しかし冒頭に書きましたように、できれば勉強時間を少し削ってでも本を読んで欲しいのです。

それは現在の学力アップにもつながりますし、将来のためでもあります。社会人になるとビジネス書ばかり読む人がいるように、高校生は勉強はしても本は読まないという人もいるのかもしれません。

実は読書をすることは単なる趣味ではありません。読書をすることで、読解力と集中力が高まるようになります。これは脳科学者が公表していることです。勉強だけをしている方よりも、毎日30分か1時間読書している人の方が読解力が高く、学力も高いのです。

関連記事一覧

読むべき本

読むべき本はビジネス書と自己啓発本でOK

疲れた時に読む本は脳を癒しラクにしてくれる

寝る前に読む本は面白すぎない本を選ぶのが秘訣

高校生へおすすめする本|勉強時間を削っても本を読むべき*当記事

中学生におすすめする本|週に1冊は読んでおきたい

辛い時に読む本|逃げたい・消えたいと思うなら読んでみて

死ぬまでに読むべき本|名作には読まれる理由があります

人間関係の本|何歳でも悩みの原因は人間関係

高校生 おすすめ 本

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次