自己啓発本を選ぶ3選|生きるためにも仕事にも役立つ

自己啓発本 選ぶ

自己啓発本を読むと、人生や仕事がもっと楽になるように、うまくいくようになります。

不安や悩み・心配の気持ちが、スーッと晴れていく経験になると思います。

ビジネス書と合わせて読めば、仕事の成功ももっと身近になります。

目次

自己啓発本とは何か?何が得られるのか?

自己啓発本とは

自己啓発本とは何か?何が書かれているのか?

自分にとって、役立つのだろうか?自己啓発なんて、何だかハードルが高い気がすると考えているかもしれません。しかし、自己啓発本を読むと、人生や仕事が楽に考えられるようになります。なぜ生きるのか、何のために生きているのか、などのヒントも得られるかもしれません。

あるいは、仕事が成功しやすくなる人もいます。ネガティブな習慣がなくなるかもしれません。人間関係が好転する人もいます。幸福の尺度は、万人共通ではないからです。

当記事では自己啓発本を選ぶカテゴリー3選を紹介します。自己啓発本を選ぶヒントになれば幸いです。

自己啓発本を選ぶ

1)生き方についてヒントを見つけたい

2)人生を変えたいと考えるときに読む

3)社会人生活で一番大事な30代に読む

生き方についての自己啓発本10選!気づきがあります

人生に疲れを感じた時、仕事でうまくいかない時、自己啓発本の中に、脱出するヒントを見つけられることがあります。

筆者の40年の社会人人生から、生き方についての自己啓発本を紹介します。

1)生き方|稲盛和夫

2)人を動かす|デール・カーネギー

3)原因と結果の法則|ジェームス・アレン

4)7つの習慣|スティーブン・コヴィー

5)本は10冊同時に読め|成毛眞

6)プロフェッショナルの条件|ピーター・ドラッカー

7)仕事は楽しいかね|デイル・ドーテン

8)さあ才能に目覚めよう|マーカス・バッキンガム

9)富と成功をもたらす7つの法則|ディーパック・チョプラ

10)死ぬときに後悔すること25|大津秀一

人生を変えたい20代30代にすすめる!

若手の社会人である20代30代の方におすすめする自己啓発本です。

勇気をもらえると思います。

サイトの読者から募集した意見から、紹介しています。

1)嫌われる勇気

2)Death「死」とは何か

3)うまくいっている人の考え方

4)7つの習慣

5)人動かす

自己啓発本 30代におすすめ|頭が良くなる本

頭の使い方・思考についてのおすすめの一冊を紹介します。

こちらも当サイトの読者からのおすすめです。

1)脳に任せる勉強法

2)仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方

3)エッセンシャル思考|最小の時間で成果を最大にする

自己啓発本は意味ない本もあるが良書があるのも事実

自己啓発本が意味ないものになるか意味あるものによるのは、読み手で決まります。読み手にとって、役立ったと感じられればそれは意味ある本になります。

ただし、実用書的な内容が書かれているビジネス書と違い、過去の本を再編集しただけような本が自己啓発本として販売されているのも事実です。

自分にとって、何かを気づかせてくれる本かどうかは、目次を見れば判断つきます。目次で関心持てそうなページを見つけたら読んでみてください。自分にとって意味があるのかを見つけられます。

自己分析本を読む|働くことに迷いがある人も読む

これから就職をする人、転職をする人、働くことに迷いを感じているいる人、自己分析を本読んで、ワークシートでテストをしてみて、自分に対しての理解を深める時です。自分自身のことは、わかっているようで、実は表面的なことしかわかっていません。自分を知るきっかけにしてください。

まとめ

当記事は自己啓発本を選ぶ方法についてまとめたものです。

視点が違えば選ぶ本も違います。

本選びのヒントになれば幸いです。

 

 

 

関連記事一覧

読むべき本はビジネス書と自己啓発本でOK

ビジネス書の選び方5選|本を選ぶ基準

自己啓発本を選ぶ方法6選|生きるためにも仕事にも役立つ*当記事

自己啓発本 30代におすすめ|頭が良くなる本

人生を変えたい20代30代社会人にすすめる本|たかが本ですが助けになる

自己啓発本とは何か?何が得られるのか?

自己啓発本ランキング|元会社経営者が選んだベスト20

自己啓発本は意味ない本もあるが良書があるのも事実

生き方についての自己啓発本10選!何か気づきがあります

自己分析本を読んで転職面接に対策|働くことに迷いがある人も読む

寝る前に読む本は面白すぎない本を選ぶのが秘訣

疲れた時に読む本は脳を癒しラクにしてくれる

自己啓発本 選ぶ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる