読書感想文のコピペはバレる|社会人になって後悔

読書感想文,コピペ

読書感想文の課題は、小学校の高学年から中学生になって、高校生になっても続きます。いつまで続くか知ってるでしょうか。企業によりますが、社会人になっても続きます。(読書感想文か読書レポートとして提出)

学校時代を読書感想文のコピペで切り抜けてきた人は、注意したほうがいいです。学校時代は、バレても問題にならなかったと思いますが、社会人でも続けると未来がなくなります。

読書感想文を書くのは面倒だし、成績にも大きな影響がなさようだしと考えてしまい、コピペでやり過ごそうと考えるかもしれません。しかし何度も書くタイミングがやってきます。

その場しのぎのコピペを繰り返した結果、文章を書けない社会人になってしまいます。社会人になってから、文章の書き方が分からず恥ずかしい思いをしたり、評価や給料にも差がついていくようになります。ですので、面倒でもコピペはお勧めできません。

目次

読書感想文のコピペをした人は社会人になって後悔してる

読書感想文,コピペ (1)

社会人になってからも読書感想文のコピペを続けていると、普通の文章が書けない人・評価されない人物になってしまいます。

読書感想文を書く機会は、企業によりますが学生の時ほど多くはありません。

もしコピペがバレたとしても懲戒等の処分はされないと思います。しかし昇進昇格の可能性はかなり低くなります。人事部の記録には残るからです。人事考課の評価は信頼性に問題ある人物という評価になります。その会社での未来は真っ暗になり、とても後悔することになります。

もしバレないとしても、仕事ぶりでわかってしまいます。社会人になって読書感想文の課題が出される理由は、語彙力・読解力・文章力の能力を確認されることにあるからです。

読書感想文が(コピペによって)うまく書けているのに、実務で文章が書けないとなれば、バレます。

読書感想文を書く能力が社会人に必要な理由

繰り返しですが、読書感想文は、社員の読解力・語彙力・文章力・要約力など、読み書きの基礎スキルのレベルを確認するために行われます。読書感想文を書いてもらうことで、言語力のレベルが分かるのです。

今の時代の会社員は、社内文書の他に、顧客や取引先との関係性においても、文章によってコミュニケーションを取っています。

その中で、社内文書については、過去の決裁済み書類などが新規の書類作成の手本となることはあります。しかし、社外の相手(顧客や取引先)とのコミュニケーションは、十人十色で、過去に使った文書を書き換えて使うことはありません。

ですので、上記の4つの基礎スキルを使って、文章を書くことが必要になるのです。(職人的な技術職の場合は、文章を書く機会があまりないかもしれません)

現実の仕事では文章のコピペはありえない

特に社外との交流が多い営業や販売の仕事では、読解力・文章力が不足している場合、社員個人の問題にとどまらず、会社の損失に繋がります。かといいまして、過去のビジネス文書をコピペすることもまた、できません。似ているようでも、顧客や取引先とのコミュニケーションは、みな違うからです。

社会人の基礎スキルは、読解力・語彙力・文章力・要約力

読み書きの基礎スキルといえば、代表的なのは、上記4つの能力です。

・読解力:本や文章を読んで内容を理解する能力。対面時には相手の言うことを正確に理解する能力

・語彙力:たくさんの言葉の意味を知っていて、文章作成時には使いこなせる能力

・文章力:こちらが相手に伝えたいことを文章によって、相手に読みやすく理解しやすく伝えられる能力

・要約力:文章の趣旨を読み取り、要点を短くまとめ、わかりやすくする能力

ですので、社会人になってから、学校時代に苦しんだ読書感想文を書いた経験が生きてくるのです。もし、感想文のコピペで、逃れてきた人は、社会人になってから後悔することになるのです。

読書感想文のコピペはバレる|ばれない方法はない

読書感想文のコピペをする人が行う方法は、大きく2つでしょう。

一つはコピペサイトからコピーする方法です。もう一つは、知人友人ルートからコピーさせてもらう方法です。

読書感想文をコピペサイトからコピーすればコピペチェッカーで簡単にバレる

ネット上にある文章については、必ずバレます。コピペサイトの文章コピペすれば当然バレます。

また書評サイトや本の紹介サイトでも、感想文が書かれていることはあります。そのような文章であって

中学生・高校生の方は知らないかもしれませんが、実はネット上の情報データについてはコピー文について非常に厳しくチェックされています。「コピペチェッカー」というWebツールを使って、オリジナルの文章なのか、コピーした可能性がある文章なのかを調べられるのです。

コピペチェッカーでは、文字単位でチェック可能です。同じような意味の文章であっても、文章の表現が完全に違えばわかりません。接続詞や改行を増やしたりする程度では高き確率でコピペであると判定されます。

読書感想文のコピペ可能例文集はとてもリスキー

Web上を色々検索して読書感想文を探すと、「コピペサイト」や「コピペ可能例文集」などを見つけることができるかもしれません。

見つけた人は、これで読書感想文のコピーができると大喜びかもしれません。しかしそのままコピーして使うことはとてもハイリスクです。そもそも読書感想文のコピペがなぜダメなのかについて解説します。

理由は2つです。一つは、コピペしてその場はやり過ごしても、文章を書くことは上手くならないので、大人になってから後悔するということがあります。文章を書く力がないと社会人になって大変なことになることは、前述のとおりです。

もう一つは著作権の問題があります。読書感想文も人が書いたものである以上は著作権が存在します。サイトの説明文をよく読むとわかりますが、あくまでも学校提出に限りなのです。もし学校がいい感想文だと判断してコンクールに応募し入賞でもしてしまうと大変なことになります。

盗作や著作権侵害の話に進展してしまいます。「まさか」と思う人がいるかもしれませんが、過去に何度か実話としてあるのです。受賞の取り消しはもちろんですが、盗作や著作権侵害に抵触し、もし訴えられると犯罪として成立してしまいます。

著作権侵害は親告罪なので、著者が気づいて訴えた時に犯罪として成立するのです。

丸写しで読書感想文をコピペしていなくても部分写しでもバレる

丸写ししているわけではないから大丈夫だろうと考える人はいるかもしれません。

しかしコピペチェッカーは1万文字以上でもチェックできますし、文字単位で短時間でチェック可能です。

部分的なコピペでもバレてしまいます。

実際には、書いた文章が偶然似てしまう文章はあります。しかし、その前後の文章を見れば、コピペなのかどうかはバレてしまいます。

過去の読書感想文のコピペはバレる

小学生・中学生・高校生・大学生と読書感想文を書く機会があります。

ついつい軽い気持ち・その場しのぎで、コピペを使ってしまった事があるかもしれません。

コピペを提出しても何も言われてないから、ばれてない・大丈夫だと思っている人もいるようですが、実際にはかなり高い確率でバレています。(ネットからコピペしたものは100%バレてます)

仮に注意を受けなかったとしても、記録は残されます。(内申書に悪いことが書かれても文句は言えません)

最悪なのは、まれにコピーチェックしない先生がコンクールに提出してしまうケースです。下手に入賞などすると、なかなか大変なことになります。(盗作や著作権侵害)

盗作や著作権侵害は、決着するまで時間がかかります。その間じゅう、世の中にさらされることになります。

読書感想文には唯一の正解はありません

読書感想文とは、主観的なものです。他の科目のように、正解はありません。

どのように感じたのかを書くのです。正解がないのですから、点数がいい悪いの問題ではないので、下手でも自分で書いて提出するほうが、安心できます。

また、前述したように、コピペはほとんどバレてます。一般的には、コピペの疑いがあるので、再度提出しなさいと指示してくる先生はあまりいないと思います。しかし、「バレてるのかな」という思いや、「自分を信用してないのだろうな」という気持ち悪い感情が残ったままになります。先生の方も、気持ち悪い感情が残ったままのはずです。

コピペをしたくなる気持ちはわからなくはありませんが、そのまま文章の書き方を経験せずに社会人になると、前述の通り、とても困った事になってしまいます。

誰にとってもいいことはありません。

むしろ、責任は自分にしかありません。

まとめ

世の中に公開されているWebサイトの中には、簡単に読書感想文のコピペができるようになっているものがあります。

下手でもいいですから、自分で書いたほうがいいです。読書感想文には、正解という書き方はないのですから。

それに、学生時代を乗り越えても、社会人になっても読書感想文を提出するよう指示される場合があります。

社会人になってもコピペをすると、評価は最悪になります。そもそも、コピペってほとんどバレてます。

 

 

関連記事一覧

読書

読書感想文の書き方|書き始める前に構成を作るとラク

読書感想文を社会人が書く意味と書き方

読書感想文は構成から作るとかなり書きやすい

読書感想文はテンプレートを使えば楽に迷わず書きやすい

読書感想文のコピペをした人は社会人になって後悔してる*当記事

読書感想文のあらすじって何を書けばいい

読書感想文をかきやすい本を選んでる?

読書感想文のコツは書き始めるまでが7割

読書感想文の題名の書き方とコツ

読書感想文の書き出しで読み手の印象に残るように

この記事を書いた人

社会人経験約40年。仕事において強い必要性があり読書に目覚め、その後年収も急上昇。上場企業にキャリア入社し、50代に入り独立起業し会社経営。自分自身の読書に救われた経験から、読書によって人生が変わることを伝えたい。

コメント

コメントする

目次